【レビュー】iClever IC-BK06を買ってみた。ギリギリ合格点を叩き出すBluetoothキーボード

スポンサーリンク

こんにちは。かわんです。

スマホでモブログする為にiClever IC-BK06を買ってみました。

結論から言うと、

「まぁ、買って良かったな・・・」

という感じです。格安キーボードにありがちな

  • チャタリング
  • キーを押しても認識されないことがある

を全てマスター。

でも、格安キーボードに、あれやこれやと注文してはいけません。

どう頑張ってもHHKB BTには勝てないのです。

問題はV字型の形状に慣れることが出来るか!?

iClever IC-BK06は好みが分かれる形状をしています。

見た目はかなりカッコイイのですが、この形状に慣れることが出来るかどうか。

慣れなければ安物買いの銭失いとなります。僕は1時間ほどで慣れる事が出来たので、長時間使うと慣れるかも知れません。

慣れる自信が無ければ買うのはやめましょう。

折りたたみで薄いので持ち運びは簡単

iClever IC-BK06は折りたたんで持ち運びする事が出来ます。

スマホでモブログをしている方でコンパクトなBluetoothキーボードを探している方はiClever IC-BK06が最適かも知れません。

でも、上で書いた不具合が漏れなく付いてくるかも知れません(笑)

ちなみに、iClever IC-BK06をiPadで使ってみたら不具合が出やすいのですが、スマホだとかなり軽減されます。

iClever IC-BK06はiPadと相性が良くないのかも知れません。

なので、スマホでモブログしている方はiClever IC-BK06を買ってみても良いかもです。

薄いのに打鍵感が良い感じ

打鍵音はそれなりにしますので、図書館で使うのはNGだと思います。

ファミレスやカフェ、マクドナルドなどザワザワした場所だと気にならないでしょう。

で、iClever IC-BK06はかなり薄いのですが、しっかりとした打鍵感があります。

打ってて心地が良いですね。それだけにチャタリングやキーが認識されない場合があるのは残念なところ。

まぁ、この世に完璧なものは無い訳で、広い心を持ってiClever IC-BK06を使うと良いかもです。

約5,000円で買えるiClever IC-BK06。個人的にはあまり気に入りませんが、末永く使っていきたいと思います。

iClever IC-BK06が欲しい方は、Amazonやブログのレビュー記事を読んでから購入しましょう。