レスポンシブ対応のWebサイトを制作するのはウザイ(笑)

スポンサーリンク

ブロガーのかわん(@kawan0116)です。

6月から3人でホームページ制作集団を結成してホームページ制作事業に取りかかります。

本当は4人で結成するはずが、1人脱退・・・

で、営業さんは、営業をやる時間が無いと言いつつ、ホームページのサンブルを作れって言ってきましたので、3パターンほど制作しました。

これで、営業さんの要望に応えることが出来ました。

レスポンシブ対応のWebサイトを作るのはウザイ・・・

制作したサンプルは全てレスポンシブ対応にしています。

レスポンシブ対応はメディアクエリを使う必要があるのですが、調整がウザイ(笑)

まぁ、何とか出来ましたが・・・

趣味で作ったホームページは、Bootstrapを使っていました。

で、1からコーディングしてみてBootstrapの有り難みが分かりました。

1からコーディングするより遥かに効率的。

本当は、Bootstrapを使ってサンプルを作りたかったのですが、Bootstrapのライセンスがよく分からないので、1からコーディングしたのであります。

これでライセンスを気にすることなくホームページ制作が出来ます。

ハンバーガーメニューを使いたいが・・・

スマホで表示した時、グローバルメニューをハンバーガーメニューにしたいのですが、僕の持っている技術では無理。

なので、ハンバーガーメニューの実装はやんぴ。

そもそもグローバルメニューを設置しなければ良いと結論。

Drawerとかあるけど、ライセンス的にどうなんだろう・・・

よく分からないものは使わない方が良いという感じです。

電卓が必須

2カラムとか3カラムにする場合、ページ全体の横幅を計算する必要があります。

スマホの電卓を使えば良いのですが、スマホだとロックを解除して云々カンヌンしないとダメ。

計算機だといつでもスタンバイ。計算機が欲しい・・・

ホームセンターにあるはずなので買ってこようかと思います。

まとめ

という事で、色々と書いてみました。

僕はiPad Proでホームページ制作をしているのですが、最近調子が悪いのです。

今のところ、再起動すると治るのですが。。。

また、コーディングするアプリ(Coda iOS)も調子が悪いです。

ダブルで調子が悪いので、6月から本当に活動できるのか・・・

僕はホームページ制作担当です。

iPad Proがお亡くなりになったら、自腹で買うしかないのかなぁ・・・

そんなお金無いってw

それではまた!