【レビュー】ロジクール K380をiPadで使ってみた感想

f:id:Kawan0116:20180402161401j:plain

ブロガーのかわん(@kawan0116)です。

1ヶ月ほどロジクール K380に片思いでしたが、ようやく買うことが出来ました。

「やったね!」

実は2度目の購入です。先代は他人の手に渡っております。

「2回も買うなんて、お前はアホか!?」

って言われそうなので自分で言っておきます(笑)

ロジクール K380とiPadの相性

相性はバッチリなんちゃいますかね。Smart Keyboardにおとらない感じが。

Smart Keyboardは約2万円(だったと思うw)、ロジクール K380はたった3,000円ほど(執筆時点)。

ロジクール K380オンリーの機能がありますしね。

f:id:Kawan0116:20180402161735j:plain

ファンクションキーで、音量調整や音楽の再生/停止などが出来ますし。Smart Keyboardは確かそのようなキーが無かったと記憶しています。

ロジクール K380のボタンは丸いが・・・

f:id:Kawan0116:20180402161431j:plain

ロジクール K380のボタンは丸っこいです。可愛いですね。

ポケモンキーボードの後継か!?って言われているような言われていないような(笑)

とにかく、ロジクール K380のボタンは丸っこいです。

これに慣れることが出来るかどうかですね。

僕の場合、最初の頃は違和感ありまくりでした。

でも15分くらい使ったら問題なくなりました。

ロジクール K380に飼い慣らされた瞬間です(笑)

「英数」「かな」キーが便利です

f:id:Kawan0116:20180402161458j:plain

長らくの間、US配列のキーボードを使っていて、久々にUS配列ではないロジクール K380を使っていますが、

  • 英数
  • かな

キーがあるのは便利ですね。英語を打つ時は、「英数」、日本語を打つ時は「かな」キーを押せばOK。

US配列のキーボードの場合、

「現在どの言語になっているの!?」

ってなって、日本語で打ちたいけど英語になってしまったorz・・・

その逆も然りでイラッとくることがあったんですね。

ロジクール K380の場合は、絶対にそんなことは起こりません。

地味に便利ですね(笑)

キーの配置に違和感

US配列のキーボードをiPadで長らく使っていたので、記号の入力はちょっと戸惑いますねぇ。

f:id:Kawan0116:20180402161526j:plain

iPadで記号を打つ場合、グレーで刻印されているキーを押します。

ま、慣れれば問題ないですけどね。

何でも慣れですね。

最大3台までペアリング可能

f:id:Kawan0116:20180402161549j:plain

ロジクール K380には3つの黄色いボタンがあります。

番号ごとに端末を接続することが出来るんですね。

僕の場合は、

1番 iPad
2番 iPhone
3番 未設定

という感じにしています。1番を押すとiPadと接続され、2番を押すとiPhoneとの接続に切り替わります。

ボタン1つで接続する端末を切り替えることが出来るのは便利ですね。

ロジクール K380のバッテリー持ちは凄まじい・・・

iPadのバッテリー持ちは最大10時間だった気がしますが、ロジクール K380は最大2年です(笑)

電池持ち良すぎ(笑)こんだけ持てば、電池切れの心配はしなくて済みそうですね。

ロジクール K380は凄まじい・・・

iPadと一緒に持ち運び出来るか!?

ロジクール K380の重さは423gとなっています(電池含む)。

ま、持ち運び出来なくはないですね。

ただ、iPad Pro12.9インチとかでロジクール K380を使う場合、持ち運ぶとなると1kgを超えます(笑)

「これは、お、重い!?」

僕はiPad Pro12.9インチでロジクール K380を使っています。

持ち運ぶ機会はほとんどありませんが、持ち運びする時はiPad Pro12.9インチとロジクール K380を一緒に持ち運ぶ!

まとめ

という事で、色々と書いてみました。

念願かなってようやく手に入れたロジクール K380。メインのキーボードとして活躍してもらう予定です。

あとはロジクール K380でブログを書きまくるだけだ(笑)

それが1番の問題点w