ラジオを聴くならSONY ICF-P36がおすすめ。シンプルなデザインが魅力的

スポンサーリンク
f:id:Kawan0116:20180324131358j:plain

かわんです。

作業用BGMを流す場合、Amazon Musicを使っています。

SONYBluetoothスピーカー「SRS-XB30」を使えば高音質で聴くことが出来ます。

Amazon Musicに飽きたらラジオを流します。

スマホに入れてあるradikoアプリを使ってラジオを聴くことが多いです。

radiko.jp
無料
(2018.03.24時点)
posted with ポチレバ

しかし、最近、SONYのラジオ「ICF-P36」を使い始めました。

スマホでラジオを聴くには、

  1. スマホのロックを解除
  2. radikoアプリの起動

たった2つの手順ですが、面倒だなって(笑)

その点、ICF-P36であればスイッチオンだけでOK。

アンテナを伸ばして受信出来るようにしなければなりません。

しかし、1度受信出来るようにしておけば、スイッチオンだけで良いのです。

スマホでラジオを聴くよりお手軽です。

作業BGMはICF-P36で流すのが最適!?

DJの楽しいおしゃべりが混じりつつ、音楽が流れるのは良い気持ちになります。

何だかメリハリがあって良い感じだと思います。

現時点では、ラジオが最強の作業用BGMとなっています。

ICF-P36は電気代がかからない

ICF-P36は電池で駆動します。電気代がかかりません(笑)これ、結構重要ですよね。

電気代は出来るだけ安いのが良いですからね。

アナログな操作感が良い!?

放送局を合わせるにはダイヤルを回す必要があります。

モリー機能はありません。コンポとかだと放送局を登録することが出来ますけどね。

ICF-P36は無理です。

でも、僕はこの点が結構気に入っています。アナログ感が好きです。

ちなみに音量もダイヤルを回して設定します。

何から何までアナログです(笑)

音質は良いとは言えないが・・・

如何にも安物のラジオって感じで音質は良くありません。

しかし、こだわりが無ければICF-P36の音質で十分です。

音質はフラットな感じなので、長時間聴いていても疲れることはないでしょう。

ICF-P36のデザインは洗練されていると思う

f:id:Kawan0116:20180324131441j:plain

ICF-P36は低価格なラジオです。

低価格なラジオってデザインがあまりイケてないですよね。

しかし、ICF-P36のデザインは結構洗練されていると思います。

さすがSONY。低価格なラジオでもSONYらしさが現れています。

ブラックカラーでシンプル。

主張しないデザインなので、部屋に置いても浮いてしまうことはないでしょう。

まとめ

という事で、色々と書いてみました。

ICF-P36はラジオしか聴けません。

単機能なICF-P36に需要はあるのでしょうか。

ICF-P36は、Amazonでベストセラー1位になっています(執筆時点)。

ラジオを買うならICF-P36がベストだとは思いますね。

あとは上で述べたように単機能なICF-P36が必要かどうかですね。

上で書いたように、今はスマホでラジオが聴けますからね。

僕がICF-P36を使っている理由は、スマホでラジオを聴くより手軽だから。

スマホでアプリを起動して・・・」

というのが面倒なのです(笑)

外でラジオを聴く時はスマホを使いますが、家ではICF-P36を使っています。

こんな感じで使い分けると良いかもですね。

という感じで気になる方はチェックして下さいね。