【レビュー】iPad Pro 12.9インチでソフトウェアキーボードを使ってみた

スポンサーリンク
f:id:Kawan0116:20170910094636j:plain

iPad Pro 12.9インチでソフトウェアキーボードを使ってみました。元々Smart Keyboardを使っていたのですが、相性が悪いみたいで使用を断念。

手元にあるBluetoothキーボードを試してみましたがしっくりとくるものがなく・・・

そこで目をつけたのがソフトウェアキーボードです。数ヶ月前に一度ソフトウェアキーボードを使ったことがありましたが、再び使ってみようと思いました。

ソフトウェアキーボードとは画面上に出るキーボードです。これの使い勝手はどうなのかご紹介したいと思います。

そこそこ打てる

ソフトウェアキーボードは打鍵感ゼロのキーボードです。押し心地はありませんがそこそこ打つことが出来ます。

一応10本の指で文字入力することができる

かなり難しいですが、一応10本の指で文字入力することが出来ます。打ち損じ頻発しますけどね。無理に10本の指を使う必要はないのかなという感じがしています。

焦らずゆっくりと打つことが大事

出来るだけ速く文字打ちするのではなく、一定のスピードで文字打ちをするとミスタイプが減ります。

Smart Keyboardと同じ感覚で打ってしまうとダメですね。かなり遅いですがミスタイプのストレスに比べたらマシです。

予測変換が便利

単語や文章の先頭の文字を打つだけで自動で変換候補が出てきます。これを活用すれば、かなり速く文字入力することが出来ます。

Smart Keyboardで文字打ちすると邪魔者だった予測変換。ソフトウェアキーボードでは大活躍します。

カーソル移動が便利

ソフトウェアキーボードの上で二本の指でタッチするとカーソルを移動することが出来ます。もちろんSmart Keyboardでも矢印キーで移動できますが、ソフトウェアキーボードのカーソル移動の方が楽ですね。

静かな環境でも気にならない

ソフトウェアキーボードは打鍵音がしませんので、図書館など静かな環境でも気を使うことはありません。

また、お店でも空いてて静かな時でも気を使うことはありません。ソフトウェアキーボードの最大のメリットです。

タブレットをいじっているとしか思われない

お店でSmart Keyboardを使う時、iPad Pro 12.9インチはMacBook風になります。これ結構目立つんですよね。

ところがソフトウェアキーボードの場合、タブレットをいじっているとしか思われないので周りの目が気にならないです。

僕は人の目をかなり気を使いますのでソフトウェアキーボードを使うべしなんですね。

まとめ

この記事はソフトウェアキーボードで書きましたが、やっぱりSmart Keyboardより遅いですね。まぁ、まだソフトウェアキーボードを使い始めたばかりなので、慣れてくれば速くなるでしょう。

ソフトウェアキーボードは予想以上に使えるキーボードかは分かりませんが、気になる方は試してみては如何でしょうか。