躁うつ病の僕の生きがい。生きがいとは何か、生きがいは必要かなどを考えてみた

スポンサーリンク
f:id:Kawan0116:20170829121111j:plain

躁うつ病になって2年が経ちました。他の病気も患っていて大変な毎日。でも何とか今日も生きる事が出来ています。

そんな感じですが、2週間ほど前に生きがいを見つけて毎日がちょっとだけ輝くようになりました。

ブログをやっていて良かった

ここ2週間で何が変わったのかというと、心の中にためてきた

  • 思っていること
  • 考えていること

をブログに書き始めました。すると、信じられないことにポジティブシンキングが出来るようになってきたんです。病気の方は相変わらずですが気持ちは前向きになっています。

これが分かった瞬間、

ブログをやっていて良かった!

と心から思いました。やはり心の中にため込んだものは、何かしらの方法で放出した方が良いですね。

放出することにより、心に隙間が出来て余裕を持てるようになり、その隙間に新しいものを心にためることが出来るようになって素晴らしいです。

僕の生きがいはブログを書くことです。これがないと生きていけないです。

生きがいとは何か

生きがいに対する考え方は色々とありますが、僕個人の考えで言えば、楽しいことをやっているかどうかだと思います。

楽しいことは何でも良いと思っています。例えば、以下のものを挙げることが出来るかと思います。

  • 仕事
  • 趣味
  • 習い事
  • 家事
  • 育児
  • 介護
  • 結婚生活
  • 独身生活

上記の他にも色々とありますが、心から楽しめることは熱中することも出来ますし、生きがいに繋がる可能性があります。

生きがいは必要か

人間、ちゃんと食べてちゃんと寝れば生きていけます。そこに生きがいは必要なのでしょうか。

少し前までは生きがいなんていらないと思っていましたが、ブログを生きがいにしたことで、毎日が少しだけ輝くようになりました。

人生に輝きをプラスしたい方は何かしらの生きがいを持った方が良いと思います。

生きがいがない

上記で「生きがいとは何か」について書かせて頂きました。僕は楽しいことを見つけることで生きがいに繋がると思っています。

今、「何をやっても面白くない」「何をやっても楽しくない」など冷めた気持ちになっている方は無理して生きがいを見つける必要はないと思います。

きっと心が疲れていますので、まずは心を休めてみて下さい。生きがいというのは、心に余裕がないと見つけることは困難だと思います。

生きがいは心がときめくもの。心が疲れていると、ときめきません。まずは休息して下さい。

生きがいの見つけ方

生きがいは意外に近くにあるかも知れません。生きがいという言葉は、ちょっと大きくて重い響きですが、そんなことはありません。

僕の場合は、たまたまブログをやっていて、それがそのまま生きがいになりました。よって、普段やっていることが生きがいになることもあるんです。

生きがいに大きいも小さいもありません。あなたらしい生きがいを見つけて下さいね。但し、上記に書いたように心が疲れているなら、まずは心を休めて下さいね。

生きがいは1つあれば十分

生きがいが多いに越したことはありませんが、1つあれば十分だと思います。1つでもあればあなたの人生が輝くでしょう。

生きがいの見つけ方をGoogleで検索するとヒントが沢山出てきます。しかし、最終的に「これが生きがいだ」と思いつくのは自分自身。焦らずに生きがいを見つけて下さい。

まとめ

生きがいを探す旅は一生かかるかも知れません。いつ生きがいが見つかるか分かりません。しかし、過去に熱中したことを再び始めるとそれが生きがいになるかも知れません。

「生きがい=新しいこと」と考えがちですが、そんなこともないのです。よって、新しい生きがいを探しつつ、過去に熱中したことを思い出し、再び始めてみると生きがいに繋がるかも知れません。

あなたの人生が輝きますように。

生きがいについて (神谷美恵子コレクション)
神谷 美恵子
みすず書房
売り上げランキング: 6,899