人生に回り道はあるのか。ゆっくりと進んでいる場合があると思います

スポンサーリンク
f:id:Kawan0116:20170819113654j:plain

目標を終着駅にすると、最短距離・最速スピードで到着したいと思いますよね。無駄なことはしたくないですよね。

そして、中々終着駅に着かないと「回り道している」と感じる訳ですが、実は回り道ではないかも知れません。

終着駅到着までのスピードが遅いと回り道していると勘違いする

例えば「1駅」から目標の終着駅である「10駅」を目指す場合、最短距離・最速スピードである「1駅」からいきなり「10駅」に行きたいと思いますよね。

しかし現実はそう甘くありません。様々な障害を乗り越えて行く必要があります。その障害は「回り道」への出発駅であることが多いです。

しかし回り道の出発駅は、単純に「1駅」の次の到着駅である「2駅」に到着しているだけかも知れません。

よって、回り道になってしまったと勘違いしている可能性が高いです。その「2駅」が終着駅である「10駅」に到着するために停車すべき駅なのかも知れません。

重要なのは、停車した駅が終着駅に到着する為に必要だったのかということです。

無駄な努力をしてはいけません

努力は美しいとされがちですが、駅に到着する度に無駄な努力をしてはいけません。

その駅で最善であることをすべきなのです。無駄な努力は次の駅へ出発する時間が遅くなるだけです。

努力次第で、例えば「2駅」からいきなり「5駅」に到着することが出来るかも知れません。

「2駅」で複数駅分の努力をしたならば、駅の飛び越えは全く問題ないのです。

あくまで、スタートである「1駅」から終着駅である「10駅」まで最短距離・最速スピードが理想なのです。でも実際は難しいです。

そこで、部分的な最短距離・最速スピードを試みるのです。無理なら1駅ずつ確実に停車していけば良いのです。

終着駅の質はどうなのか。自分が納得した質の終着駅なら問題ない

最短距離・最速スピードとは「1駅」からいきなり「10駅」に到着することを意味しますが、その間の「2〜9駅」で経験すべきことをしていないため、「10駅」の質が下がっているかも知れません。

1つ1つの駅に到着する度に様々な経験をしながら「10駅」に到着するのと いきなり「1駅」から「10駅」に到着するのと、どちらが内容の濃い駅になるでしょうか?

重要なのは終着駅に辿り着いた時に自分が納得しているのかが重要。納得しているならそこが本当の終着駅。納得していなければ、まだ終着駅に到着しておらず、さらに終着駅を目指していきましょう。

焦らずじっくりと進んで行こう

終着駅である「10駅」は一体どんなものなのか?まずはこれを明確にする必要があります。

明確にすることで、自分はどれくらいの駅に停車しなければならないのか分かります。

そして1つ1つの駅に到着するにはどうしたら良いか?そこを考えていくのです。

分かっていることは、終着駅はおろか1つ1つの駅に到着することさえ難しい場合があるということです。

1つ1つの駅に確実に到着するには、絶対に終着駅である「10駅」に到達するという強い意志と情熱が必要。

これがあれば力強く歩いたり走ったりすることができるでしょう。焦らずじっくりと進んで行きましょう。

終着駅を変えても良い

今日のお話は「10駅」を終着駅として仮定していますが、終着駅は必ず「10駅でないといけない」という事ではないです。

仮に「5駅」が終着駅だと感じた場合は、それで全然問題ありません。重要なのは、「自分が納得しているか」です。

終着駅は自分の意志で幾らでも変えることが出来るのです。

全ての人が理想の終着駅に辿り着くことは出来ない

残念ながら全ての人が理想の終着駅に辿り着くことは出来ないです。僕も終着駅に辿り着くことは出来ませんでした。

これは、終着駅に着くのを諦めたということですが、諦めたことにより新たな終着駅が見えたのです。そこに向かってまた1つずつ駅に停車すれば良いのです。

僕が言いたいのは、

終着駅は1つじゃなくて良い。進む方向によって終着駅は幾らでもある

という事です。理想とする終着駅を目指すのは素晴らしいと思います。しかし挫折などで途中で止まった場合、そこが終着駅です。

しばらく停車してみて、新たな終着駅が見えたら出発すれば良いのです。

まとめ

僕は様々な終着駅を目指して歩いたり走ったりしてきましたが、終着駅に辿り着くのは無理でした。

今思うと、自分の力量にあっていない終着駅を目指していました。今は自分の力量にあったものを終着駅として、ゆっくりと確実に進んで行っています。

終着駅に辿り着くのに焦りは禁物です。しかし、早足で行くのは素晴らしいです。出来れば最短距離・最速スピードで終着駅に到着したいです。

肝心なのは、自分がどういうペースで行きたいのか。終着駅に到着した時、自分がそれで納得するかです。